上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_2289S.jpg

先日購入した茶色のショウガは、
多少ヤッコたちにつつかれつつも、
なんとか持ちこたえれそうだったため、
念願のショウガピンクを購入しました。

ショップではシエロで鮮やかなピンクに色上がりしていましたが、
うちのスーパークールではたぶんそのままの色の維持は難しいと思います。
ピンクは無理でも紫色を保つことを目標にしてがんばります。

しかし水槽に入れてすぐ、
ニシキが突きまくってきました。

茶色のショウガには無関心だったのに、
なぜ?

そうこうするうちに、
ロック、ルリ、パソニファー、
しまいにはブルーフェイスがつつくようになり、
投入して1分ほどで
この4匹でショウガピンクを中心に食卓を囲んでいる状態に
なりました。

ヤッコたちとサンゴのどちらをとるか、
究極の選択に迫られ、
ついにヤッコたちを引き取ってもらうことにしました。

ニシキ、ロック、ルリ、ブルーフェイス、パソニファー、
そして、
ショウガは突いていませんが、
この際みんな引き取ってもらおうということで、
シマ、スミレ、ホンソメも
ショップに引き取ってもらいました。

全く魚がいないというのはあまりにも淋しいので、
ゴールデン2匹とベニサシコバンハゼだけは残すことにしました。

急いでいたため、
スミゾメも引き取ってもらうつもりだったのですが、
ショップに着いてから掬っていないことに気づきました・・・。

タンクメイトは、
ゴールデン2匹とスミゾメ、ベニサシコバン、
だけになってしまいましたが、
これからはしばらくサンゴに力を入れていきたいと思います。

DSC_2288S.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aquanotes.blog79.fc2.com/tb.php/89-3e6df5df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック